江戸小紋

江戸時代の京が手書き友禅の町であるとするなら、江戸は型染めの町でした。伊勢型紙を白生地の上に置いて、模様の部分を糊で防染し、地色を一色で染めて糊を落とすと、糊の部分が白い模様になります。江戸時代から続くこの技法で、今も東京で染められている小紋を江戸小紋と呼んでいます。東京染め小紋という名で伝統的工芸品に指定された小紋の中で、この江戸小紋は大きな位置を占めています。

 

■江戸小紋は武士の裃が原点

江戸時代、大名や武士の裃用として、遠目には無地にみえるような非常に細かい柄の小紋が染められました。将軍や大名は各自専用の模様を定め、それを留柄としました。やがて元禄時代になると、遊び心のあるやや大きい型染めが町家の男女の洒落着として用いられるようになりました。江戸小紋という名は、この型染めの技術を伝承してきた小宮康助氏が昭和30年に人間国宝に認定されたときつけられた名前です。

 

■型紙掘りも染色も熟練の技を駆使

「一枚の型紙、一色の染め」である江戸小紋は、シンプルさと精緻な技術で私達を魅了します。型紙の彫り方には突き彫り、錐彫り、引き彫り、道具彫りの4種類がありますが、ことに裃柄のような細かい模様を型紙に彫るのは至難の業です。5年、10年と修行をつんで始めて出来るようになります。
また、型紙の長さは45センチほどですから、一反の着尺を染めるには何10回も型紙を送って染めなければなりません。極型の江戸小紋を一分の狂いも無く送って糊付けするには熟練した技術が必要です。このため、伊勢型紙の掘り師や江戸小紋の染め師には人間国宝に認定された人が何人もいます。

 

■紋を付けると略礼装になる江戸小紋

裃が原点だった江戸小紋は、当初から家紋を付けて用いられた小紋でした。その伝統は今も健在で、極鮫、極霰、極松葉などの裃小紋は高い品格があり、紋を付けて略礼装の着物として用います。
一方、遊び心のあるやや大きい柄ゆきは、粋な洒落着として楽しみます。また、絵羽柄のように染めた訪問着も作られています。

 

 

江戸小紋の製法で作られたメイドインジャパンのストール

http://stylestore.allabout.co.jp/mojo?vgform=SimpleForm&template=default/special/comment.html

 

江戸小紋型付け 廣瀬染工場 雄一

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=7zL_n0rfvWQ&w=420&h=315]

 

江戸小紋博物館/大松染工場/中條 隆一

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=VnOM3wYbjmI&w=560&h=315]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>