有職文様

本来、有職とは有識と書かれ「学識豊かな」という意味でしたが、平安時代を過ぎると公家の模範という意味を持ち、有職という字があてられました。そして近世になると、公家が調度品や装束に用いた文様を、有職文様と呼ぶようになりました。
有職故実によって、官位を持つ公家たちの装束は位階により定められた文様がありました。例えば、黄丹御膀袍は皇太子が公式の場でちゃくようする装束で、文様は鴛鴦の丸です。宮中の女官である典侍の唐衣は、亀甲に向かい蝶丸といった具合でした。

 

■有職文様の特徴

公家の装束は十二単に見られるような、かさね着形式。文様よりも色重ねを重視した装いで、絵模様は重ねの下に隠れてしまうことから、整然と繰り返される織りの文様が発達しました。したがって、丸、菱、亀甲、立涌などの幾何文様や幾何連続文様を特徴とし、花、蝶、雲、波など優美な形を持つ題材を丸や菱型に組み合わせたものが多くみられます。

 

■有職文様は礼装の帯や着物に

平安時代の公家装束の有職文様は一、二の技法を除いてほとんどが単色の織り文様でしたが、現代では礼装用の袋帯に色糸で織り出したり、礼装の着物に華やかな色彩で描いたり、花嫁衣裳の白無垢や準礼装用の色無地の地紋として用いられています。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>