歌舞伎文様

歌舞伎役者の名を洒落やごろあわせで考案した文様や、歌舞衣装に使われて江戸庶民の間で流行した文様は、歌舞伎文様と総称されます。この文様の特徴は縞と格子が非常に多いこと。江戸文化の担い手であった人気役者たちに好まれた幾何文様は、有職文様や間道などの幾何文様とは雰囲気を全く異にし、洒脱さが心情です。
中村芝翫の芝翫縞、坂東三津五郎の三津五郎格子、尾上菊五郎の斧琴菊などは役者の名や屋号からの考案。半四郎鹿の子や市松文様は歌舞伎衣装として使われた文様で、今も浴衣や手拭い、小紋や帯などによく用いられます。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>