成人式前後の女性に。振袖を中心とした着物そろえ

10代後半の女性にとって浴衣は夏に欠かせないファッションの一つになりました。浴衣を着ることになれておけば、成人式の振袖を着てもひどい着くずれなどのアクシデントに出遭わずにに済むでしょう。

■初めての振袖

初めての振袖は成人式という人がほとんどのようです。成人式の振袖は「親が喜ぶから着ようと思った」という女性が多いのですが、誰もが「やっぱり着てよかった」と言います。成人式に袖を通した後は、友人の披露宴やパーティにも着られる振袖。今は結婚してもしばらくの間は振袖をきてもいいといわれますが、気に入った振袖を着られる期間は思いのほか短いものです。できるだけ機会を見つけて着たいものですね。

さて、始めのふりそではどのように選べばいいのでしょうか。最近は成人式の一~二年前になると次々とダイレクトメールが送られてきます。そんな誘いを受けて母娘で始めて見に行き、その場で決めてしまう人も多いと聞きますが、是非二、三軒は観て回って欲しいもの。たくさんの振袖を見るうちに、似合う色柄がはっきりしてくると思います。特に初めての振袖は楽しみながら熱心に選びたいものです。

 

■二枚目の振袖

二十代半ばになってもう少し大人っぽい振袖が欲しくなったときや、お稽古事で振袖を着る機会が多い女性には二枚目の振袖を。フォーマルな場に安心して出席できるような格調高い色柄、或いはシンプルで個性的な振袖を選びましょう。

 

■浴衣の選び方

二十代前半までに何枚か浴衣を持っている女性が多いようですが、カラフルな浴衣ばかりを選ばず、一枚は紺地や白地の伝統的な浴衣を揃えたいものです。

 

■その他のきもの

振袖に揃えるなら訪問着を。結婚後も着られますし、一つ紋を付けておけば準礼装の着物としておおいに活躍します。茶道や仕舞のお稽古を始めた女性には、色無地か江戸小紋を用意したいもの。着物好きの女性には、軽い集まりに楽しんで着られる型友禅のカラフルな小紋などもよいでしょう。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>