ライフスタイルに合わせた着物をそろえる

衣生活において自分のライフスタイルを振り返り、それにふさわしい衣服をととのえることは洋服だけでなく着物にとっても必要です。「賢い着物そろえ」をするにあたって、現代生活の中で着物が活躍する、あるいは必要とされるシチュエーションをまとめていきます。

■二十歳前の女性の場合
最近は、若い女性に浴衣がとても人気です。浴衣ブーム以前は、七五三から成人式で振袖を着るまでに着物を着る機会がなかったという人も多かったのですが、今は何度か浴衣を着たことがある女性がとても増えました。「十三参り」が一般的な週間といえない今では、10代の一枚目の着物は浴衣が多いようです。浴衣に慣れてから、成人式で振袖を着るというスタイルが一般的になっています。

■結婚を控えた女性の場合
以前は結婚のお支度として沢山の着物や調度品を買い揃えましたが、住宅事情も変わった今、用意する着物の数も少なくなりました。しかし、礼装と準礼装だけは用意する場合が多いものです。

■仕事に生きがいを感じる女性の場合
適齢期という言葉が一般的に通用しなくなり、仕事に生きがいを感じる女性が増えました。お友達の披露宴などに招かれたとき、華やかな着物を着てみたいと思うこともあるようです。また、趣味を持っていれば、その会合に合わせた装いも欲しいものです。準礼装の着物やパーティー着、趣味的な着物などは経済力を持つ女性ならではのものです。自由に選択の幅を広げられる人たちといえるでしょう。

■既婚女性の場合
子育ての間は、着物から遠ざかる人も多いようですが、七五三をはじめ、子供を中心とする行事や夫の仕事関係の祝賀会やパーティなどで、着物を着る機会も少なくありません。年齢とともに質のよい着物が必要になってきます。黒留袖が最高に輝くのは、家庭の結婚式に着るときかもしれませんが、仲人を頼まれる立場になったときにも、黒留袖があれば気分も楽にお引き受けできます。

■悠々自適な世代
年代が高くなったときこそ、着物は頼もしい存在。肌を包み体型をカバーしてくれます。誰もが派手好みになった今なら、若い頃の着物も着られます。年代に合った小物を加えて、着物を生かすと同時に本人の品格も生かす衣服として着物が活躍します。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>