刺繍

Posted on

刺繍のきものといえば、特別豪華で贅沢なものという印象が強いのですが、刺繍の帯は気軽に締められるのがうれしいところです。必ずしも豪華な意匠、地が見えないほどの縫いではなく、ポイント刺繍や季節の風物をささやかにあしらっただけであっても、華やいだ気分になります。

染め帯のように季節感を楽しめる事に加え、絹糸で丹精込めて繍い取ったつややかさやぬくもりが刺繍帯の魅力となっています。 菅繍い、相良繍い、まつり繍いなど100種類を超える技法があります。

その技を駆使して、季節感あふれる意匠や物語からイメージをふくらませた模様など、個性が帯に表現されています。 刺繍帯は名古屋帯に仕立てられて、洒落帯として締めることが多いのですが、袋帯に刺繍を施した豪華なものもあり、こちらは留袖や訪問着などにも締められます。

日本刺繍をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%BA%E7%B9%8D

gihou_b


組み

Posted on

糸で構成される衣服は、織物、編物、組物の三つに分けられます。
織物は径糸と緯糸の90度の出会いによって生まれ、編物は一本の糸をループ状に綴り、組物は径糸だけを45度の角度で左右から組み合わせて作ります。

きものや帯は径糸と緯糸で構成された織物がほとんどですから、組紐の技術を応用して、径糸だけで作る組帯はとても珍しいものです。
組みの技術は飛鳥から奈良時代にかけて、中国や朝鮮半島から伝わった技術で、法隆寺に伝わる唐組の組帯には矢羽根文様が表されています。

しかし、今のような八寸幅の組帯は、戦後になるまで作られたことはありませんでした。組帯は、糸の一本ずつに「玉」と呼ばれる錘をつけ、玉を動かすことで、さまざまな模様を組んで作ります。

帯の模様がシンプルなのでどんなきものにも合わせやすく、また単衣の季節にも締められる利用範囲の広い帯です。

images