黒喪服・色喪服

”黒無地は喪の第一礼装、地味な色無地は略礼装に”

一生のうちに何度か着ることになる喪服。急に必要になるものですから、いざという時にあわてないよう用意しておきましょう。

■喪の装いは、着物と帯の色で格が決まる

葬儀や告別式の喪主、家族、参列者は黒喪服に黒喪帯という装いで悲しみの第一礼装とします。法事や偲ぶ会では、喪にふさわしい色無地や江戸小紋を喪の略礼装として着ますが、これを色喪服といいます。
喪服の格は、着物だけでなく帯の色の組み合わせで決まります。黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯、の順に略式になります。地方によって違いますが、親族は三回忌まで黒喪服を着、その以降は色喪服を着ることが多いようです。

■黒喪服と黒喪帯

袷の黒喪服は縮緬か羽二重が一般的です。これに黒留袖同様、染め抜き日向五つ紋を付けて、物第一礼装とします。
黒喪帯は繻子や緞子、綸子地などの名古屋帯か袋帯で、地紋は菊や唐草、梵字、家紋などが一般的です。また、一本の帯の表裏を冬用と夏用に仕立てた京袋帯もあります。

■色喪服と色喪帯

色喪服には、茶、灰、藍、紫、臙脂など地味な色を用います。生地は光沢のある綸子や羽二重を避け、縮緬など光沢のないものを選びます。色無地の場合は地紋のない一越縮緬や古代縮緬が無難ですが、地紋がある紋意匠縮緬の場合は吉祥文様を避け、流水や雲、網代などの文様を選びます。江戸小紋なら極型の鮫小紋や霰などの文様を。
色喪帯は色喪服同様、地味な色の袋帯や織り名古屋帯のほか、染め名古屋帯もあります。地紋や染め文様には、経文や蓮の花などが配されています。

■喪の小物

喪が薄くなると、小物も黒ではなく地味な色を選びます。半衿と長襦袢、足袋は白です。白い長襦袢を慶事用にも使いたいときは、流水や雲などの地紋を選んでおきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>