”洒落着として楽しむ織り機もの”

「紬を着こなしてこそ着物好き」と言われるように、紬は着る人の個性を良く表現するお洒落な着物です。

■紬は先染めの着物の代表

紬は普通、糸の状態で染めてから反物に織る「先染め」の着物です。つまり、紬の模様は訪問着や小紋のように白生地に模様を染めたものではなく、色糸で織られた織柄です。しかし、なかには紬糸を染めずに反物に織ってから模様をそめた「後染め」の紬もあります。また最近は、織り柄の紬でも絵羽模様のものが制作されています。
かつて紬の多くは養蚕農家が商品かできない繭糸を使って織ったことから、長い間普段着とされてきました。しかし現在はその伝統技術が高く評価され、後染めの紬や訪問着携帯の先染め紬も生産されるようになって紬は普段着から洒落着、さらに社交着という広がりのある着物になりました。

■紬のいろいろ

全国各地で生産される紬は、普通、産地の名を付けて呼ばれます。紬糸とは真綿を紡いで糸にしたもので、結城紬をはじめ、多くの紬がこの紬糸を使います。しかし、なかには大島紬や黄八丈のように絹糸で織られていても、先染めなので紬と呼ばれる事もあります。
手紡ぎ糸を植物染料で染め、手機で織った紡ぎは高級な洒落着や贅沢な普段着に。機械で紡いで織った紡ぎはカジュアルな普段着によいでしょう。

■紬のコーディネート

帯は染めの名古屋帯か金銀の入らない織りの袋名古屋帯を合わせます。染め帯を合わせると柔らかな雰囲気になります。紬帯や博多帯の袋名古屋帯はカジュアルになります。ときには帯を変えてお洒落を楽しみましょう。
帯揚げや帯締めは、帯の反対色や全体を引き締める色を選びます。半衿と足袋は白が一般的ですが、時に色ものや柄もので個性的な装いをすることもあります。

 

久米島の伝統工芸品「久米島紬」を織り続ける島の女性を紹介
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=oZmTyZo0nuU&w=420&h=315]

 

紬のWikipediaページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>