浴衣

”勢夏に着る木綿のくつろぎ”

気軽に着物の気分が味わえる浴衣は、真夏の遊び着として人気です。

■浴衣のTPOは時代とともに変化する

浴衣のルーツは、貴人が入浴のときに着た麻の湯帷子。江戸時代になると木綿の浴衣が湯上がりの着物として流行し、やがて夏のくつろぎ着物になりました。今では、夏の遊び着や街着としても着られます。

■紺白浴衣と色もの浴衣

江戸時代からの伝統を受け継ぐ浴衣は、藍地に白、白地に藍で染められています。素材は綿コーマと呼ばれる平織りの木綿のほか、綿絽、綿紅梅、綿紬など。有松絞りで知られる綿絞りの浴衣や、長板ものと呼ばれる両面染めの浴衣、絹紅梅、などの高級浴衣もあります。
こんな藍白浴衣の模様は、「浴衣柄」とよばれる伝統模様。秋草、朝顔、とんぼ、流水、団扇、歌舞伎柄など季節の先取りをしたり、見る人に清涼感を与えたり、江戸の好みを表現したカジュアルな模様です。
一方、最近の浴衣ブームで、洋服ブランドやデザイナーズブランドも浴衣を手がけるようになり、今ではすっかり定着しました。仕立て上がりの状態で購入出来るのも魅力の一つです。
その模様は伝統的な浴衣柄だけでなく、小紋風の模様をアレンジしたり、洋服の花柄や幾何学柄を生かして、各ブランドならではの色使いをしています。綿コーマ、綿紅梅、綿紬のような綿素材とポリエステルといった化繊のものもがあります。

■浴衣は涼しげに着る

湯上がりに家庭で着るなら、本来の着方どおりに素肌に直接着ればいいのですが、外出には肌襦袢と裾よけをつけます。ブランド浴衣にも多い綿紅梅や綿絽はとくによく透けるので注意しましょう。
帯は半幅帯か夏用の名古屋帯を。半幅帯なら文庫や貝の口結びに。名古屋帯ならお太鼓結びにします。浴衣は半衿や長襦袢を合わせず、素足に下駄で涼しげに装うのが基本です。

 

 

浴衣に関するWikipediaページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B4%E8%A1%A3

 

こちらでは個性的な浴衣が多数販売されています。

http://www.gofukuyasan.com/yukata/

 

こちらでは浴衣の作成方法が紹介されています。

http://yousai.net/nui/jinbei/index.htm

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>