塩沢紬 新潟

Posted on

塩沢の織物の歴史は古く、奈良時代に織られたこの地の麻布(現在の越後上布)が正倉院宝物に見られます。この麻織物の技術を絹織物に取り入れたのが塩沢紬で、江戸時代に織り始められました。

柄は結城紬にも似た亀甲や蚊絣の小さな絣柄が特徴です。色は白と紺、白と黒、白と赤とうようにシンプルな配色が多く、塩沢紬と言えばすっきりとした紬というイメージ。男性用の紬としても定評があります。

盛夏用に作られる夏塩沢はしゃり感のある涼しい生地で、藍と白が多く、きりっと粋にカジュアルに着こなしたい紬です。手織りの紬と動力機で織る紬がありますが、どちらも生産量はそう多くはありません。

 

塩沢紬をWikipediaで読む
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E6%B2%A2%E7%B4%AC

塩沢つむぎ記念館
http://www.tsumugi-kan.jp/

本塩沢と塩沢紬の違い
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485315309

kasuri