御召

御召は、小紋のような染めの着物ではなく、かといって紬でもない、ちょっと変わった位置づけの織物です。準礼服やとびきりの洒落着として戦後しばらく間で大変流行しました。当時に比べて生産量が大幅に減ったとはいえ、しゃっきりとした風合いと矢絣に代表される独自の色柄に魅せられた御召ファンは健在です。

御召とは御召縮緬の略称。もとは柳条縮緬と呼ばれていましたが、徳川十一代将軍徳川家斉が好んでお召しになったことから、御召と呼ばれるようになりました。お召しはもとは縮緬の一種ですから、その糸は絹糸縮緬のようにしぼがあります。しかし、縮緬の白生地が後練り、後染めであるのに対して、御召は、糸の状態で精練し、染めてから織った、先練り、先染めの織物です。

御召の二大生産地は西陣と桐生といわれてきましたが、現在の桐生は織り帯が中心で、御召は西陣から糸を買って小物などを製作する程度になっています。

西陣御召以外に白鷹と塩沢御召があります。これらは紬糸を使っているわけではありませんが、紬の産地で生産されることから紬御召とよばれることもあります。どちらの御召も西陣御召よりやや太い絹糸を使い、絹糸の精錬を控えめにしてしゃり感を出しているのが特徴です。

IMGP3949

御召に関するWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%8F%AC

御召を着られるシーンってどこまででしょう?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019194255

徳川家斉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E6%96%89

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>