藍型

藍形とは、型紙を使って染めた藍染めの小物のことです。藍染めは3世紀の魏志倭人伝にも見え、江戸期までは庶民の着物といえば藍染めでした。

現在は合成藍も多く使われますが、草木染めの藍の材料は藍草で、これを自然発酵させた液に浸けて染めます。徳島県の阿波藍が全国に領布され染められているほか、沖縄に自生する琉球藍を使って、琉球藍型が染められています。藍の色の濃さは、藍甕に浸す回数で決まり、さまざまな濃淡があります。また、藍は木綿や麻のほか、紬や縮緬など表面がざらっとした布に良く染まり、渋さと落ち着きがあるので、洗練された着こなしが楽しめます。

 

阿波藍の取り組みプロジェクト

 

沖縄では、藍型は「えーがた」と呼ぶようですね。

琉球藍型とは(りゅうきゅうえーがた)

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>