草木染め

草や木の根、葉、樹皮、花などを煎じて染液をつくり、石炭や鉄、酸などで媒染して染めるのが草木染めです。

草木染めは私たちの祖先が原初から行っていた染色方法ですが、明治時代にドイツから化学染料が輸入されて一時まったく影をひそめていました。しかし、昭和20年代に復活して以来、多くの染色家達の手で草木染めが復元され、開発されています。

草木染めは紅花、茜、藍、紫草の根、刈安などの草木から染料を得るもののほか、貝から取る貝紫や、虫から取るコチニールなどの動物染料で染めたものも含めて草木染めという場合もあります。

草木染めは染料が有機質であるために、糸の組織深くに浸透して、色に深みが出てきます。そして色あせにくいのが特徴です。

 

草木染めをWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%9C%A8%E6%9F%93%E3%82%81

草木と遊ぶ
http://www.geocities.jp/opotyopure29/chika/

b0129381_1051666

vor98726kusa_biwa

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>