京友禅

京友禅は京都で染められる友禅のこと。京友禅といえば手書き京友禅と京型小紋とを合わせて指すこともありますが、ここでは手書きの京友禅について書いていきましょう。

■手書き京友禅は華やかな日本画風

元禄時代に京都祇園に住んでいた扇絵師、宮崎友禅斉が始めたのが京友禅です。それまでは絞り染めに刺繍や箔を施したものが主流でしたが、友禅斉が考案した友禅糊によって、となりあう色が混ざらなくなり、日本画のような多彩な染め模様の京友禅が生まれたのです。
その華やかな染織技法は、たちまち全国に広まって、確固とした京友禅の地位が確立しました。

■京友禅の文様と技法

京友禅は遠めに見てもはっきりと分かる大きな模様と華やかな彩りで描かれます。この傾向は伝統的な特徴で、たとえば江戸中期の友禅染には身頃いっぱいに束ね熨斗が描かれ、大きな結び目は金糸で縫い取られています。そのほか、京友禅は雅な御所車、御簾、檜扇、四季の花や山水などの御所解き模様が描かれ、立湧などの有職文様も配されています。
手書きの絞り模様である染めひったの手法、また、友禅染以前から小袖に施されていた刺繍や金銀箔の併用も京友禅の伝統の一つです。色挿しは模様の中心を濃く、外に向かって淡くするぼかしと、一つの模様をむらなく染める手法をバランスよく配置します。なかでも紅挿しは京友禅特有の美しい表現です。

■京友禅は専門職の技法を終結

京友禅の製作工程は、徹底した分業制度がとられています。意匠デザイン、青花の下絵、糸目糊、色挿し、伏せ糊、地染め、蒸し、水洗、それに模様師、金彩師、刺繍しといった、およそ30種の専門職の技術によって一枚の手書き京友禅が完成します。

 

 

京都で友禅染体験の動画です。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=1x8p1_kaSHk&w=560&h=315]

 

京友禅のWikipediaはこちらから

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%8F%8B%E7%A6%85

 

京友禅のアロハシャツなんてのもありました。

http://www.pagong.jp/yuzen/index.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>