手描き染め1

■一珍染め

一珍染めは、一珍糊を使って染める技法です。一珍糊は餅米を主にした友禅に対して、小麦粉と布海苔が主材料です。
糊の材質に小麦粉を使う方法は、室町時代から行われていました。一珍糊の特徴は糊置きして染めた後、水洗をしなくてもよいこと、乾燥するとひびができやすいことです。
このひび割れを持ち味として、むら染め風に染め上げたり、手描き友禅と同じ技法で絵柄を描いた染めを一珍染めといいます。

■濡れ描き(無線友禅)

白生地に絵筆で直接描く濡れ描きは水彩画のような味わいがあります。
濡れ描きをする布は、まず「地入れ」といって豆汁(大豆の汁)や布海苔を水で溶いたものを刷毛で塗り、染料がにじみすぎないように生地を整えます。その生地の上に水分を補いながら、筆で絵を描くと淡くにじんだぼかし模様が生まれます。これを何度も繰り返して色を重ね、深い色合いと微妙なぼかしを表現します。
模様には草花が多く、ふんわりとした華やかさが身上。訪問着や付け下げに見られます。

■墨描き

着物や帯に筆で墨絵を描くのが墨描きです。直接布に絵を描くこの方法は友禅染めよりはるかに古くからあり、尾形光琳の「白綾地秋草文様小袖」は墨と色彩を使った描絵小袖です。
布のにじみを防ぎ、墨色を定着させるために、墨に糊を混ぜ合わせます。糊は昔ながらの布海苔、呉汁、化学糊と人によって様々ですが、水墨画の特徴である濃淡を生かすように、糊を薄めに入れて描きます。
ほかの手描きの技法にも共通する事ですが、とくに作家としての感性が直接表れる技法です。

■写し糊(無線友禅)

糊に染料を混ぜ合わせる技法は明治時代に開発され、型友禅をはじめ、染色技術に大きな進歩をもたらしました。この糊を色糊、または写し糊といい、これを使って筆や筒で描く技法もまた写し糊といいます。
写し糊は防染と染着と同時に行うのが特徴で、糸目がないことから無線友禅とも呼ばれます。糊の材料は、餅米の粉と糠と塩に水を加えたもの、または化学糊を適度に薄めて用い、糸目糊より堅く練って染料を加えます。一般的には筆を使って描いた写し糊の着物は油絵や俳画タッチのものが多く、筒書きは抽象的な模様や点描に用いられます。

 

 

こちらで手描き染めに必要な物を紹介しています。

http://www.kaigadou.com/tegaki.htm

 

手描き染めのスタイリッシュな作品を作る浄土紀久子氏の公式Webサイト

http://www.kikuko-online.sakura.ne.jp/

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>