名古屋帯

Posted on

セミフォーマルからカジュアルまで、幅広い範囲をカバーするのが名古屋帯。大正時代に名古屋の女学校の先生がこの帯を考案したことから、名古屋と呼ばれます。名古屋帯には織り名古屋帯と染め名古屋帯があります。

■名古屋帯の形と仕立て
名古屋帯の帯地はきものの反物のように巻いた形で売られています。幅は九寸(約三四センチ)、長さは一丈二尺二寸(約四メートル六三センチ)以上です。このままでは締められませんから、仕立てが必要になります。普通は帯地のたれにする部分を一メートルほど折り返してお太鼓裏にして、先から胴二回り分を半分の幅に折り(半幅にして)、中に帯芯をいれて仕立てます。
これが名古屋仕立てです。
ほかにも、松葉仕立てと額縁仕立てがあり、着る人の好みや素材によって仕立て分けます。
仕立て上がりは、お太鼓の幅が八寸、長さは着る人の胴周りによって仕立てで調整できますが、九尺二寸(約三メートル五〇センチ)前後が目安です。

■織り名古屋帯と染め名古屋帯
織り名古屋帯は、袋帯に近い織りの品格を持ちながら、一重太鼓に結ぶ締めやすい帯になります。付け下げや色無地、小紋のほか、ときには上等な紬にも合わせます。
染め名古屋帯は、塩瀬や縮緬や紬地に、手描きや型染めで洒落た模様を染めた帯です。染め名古屋帯には季節感ある模様が多く、刺繍や絞りを併用した染め帯もあり、紬や小紋に合わせたお洒落が楽しめます。

名古屋帯をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%AF

026038_1