Posted on

絽織りは、帯やきものに用いられる夏の代表的な織物。紗と平織りを組み合わせた搦み織りで、涼しげな雰囲気が特徴です。素材は絹をはじめ木綿(綿絽)やポリエステルも。

絽織りの透ける部分を絽目といいますが、この絽目を何本置きに作るかで、三本絽、五本絽などと呼び分けます。また、絽目が緯に通ったものを緯絽、径に通ったものを径絽、平織りを入れたものを平絽、絽織りと綴織りを併用したものを絽綴。縮緬地を絽織りで織ったものは絽縮緬など、織り方の種類が豊富です。

絽の帯にも織り帯と染め帯がありますが、細い絹糸で文様を織り出した絽長絹袋帯がもっともフォーマル度が高く、絽綴や絽の染め帯は柄ゆきによって、セミフォーマルや趣味的な装いに使います。 なお、絽の帯を締める時期は、6月中旬〜9月初旬が基準。

涼しげに見せるのが夏のきもの姿の特徴ですから、流水や水鳥、秋の風景や秋草を織り出してあります。

絽をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%BD

意外と知られてない絽の話し
http://tabikaratabi.pro.tok2.com/page277.html

7月に絽や紗でない単衣はおかしいでしょうか
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0607/597743.htm?g=07

20101202_1286617