浴衣

Posted on

”勢夏に着る木綿のくつろぎ”

気軽に着物の気分が味わえる浴衣は、真夏の遊び着として人気です。

■浴衣のTPOは時代とともに変化する

浴衣のルーツは、貴人が入浴のときに着た麻の湯帷子。江戸時代になると木綿の浴衣が湯上がりの着物として流行し、やがて夏のくつろぎ着物になりました。今では、夏の遊び着や街着としても着られます。

■紺白浴衣と色もの浴衣

江戸時代からの伝統を受け継ぐ浴衣は、藍地に白、白地に藍で染められています。素材は綿コーマと呼ばれる平織りの木綿のほか、綿絽、綿紅梅、綿紬など。有松絞りで知られる綿絞りの浴衣や、長板ものと呼ばれる両面染めの浴衣、絹紅梅、などの高級浴衣もあります。
こんな藍白浴衣の模様は、「浴衣柄」とよばれる伝統模様。秋草、朝顔、とんぼ、流水、団扇、歌舞伎柄など季節の先取りをしたり、見る人に清涼感を与えたり、江戸の好みを表現したカジュアルな模様です。
一方、最近の浴衣ブームで、洋服ブランドやデザイナーズブランドも浴衣を手がけるようになり、今ではすっかり定着しました。仕立て上がりの状態で購入出来るのも魅力の一つです。
その模様は伝統的な浴衣柄だけでなく、小紋風の模様をアレンジしたり、洋服の花柄や幾何学柄を生かして、各ブランドならではの色使いをしています。綿コーマ、綿紅梅、綿紬のような綿素材とポリエステルといった化繊のものもがあります。

■浴衣は涼しげに着る

湯上がりに家庭で着るなら、本来の着方どおりに素肌に直接着ればいいのですが、外出には肌襦袢と裾よけをつけます。ブランド浴衣にも多い綿紅梅や綿絽はとくによく透けるので注意しましょう。
帯は半幅帯か夏用の名古屋帯を。半幅帯なら文庫や貝の口結びに。名古屋帯ならお太鼓結びにします。浴衣は半衿や長襦袢を合わせず、素足に下駄で涼しげに装うのが基本です。

 

 

浴衣に関するWikipediaページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B4%E8%A1%A3

 

こちらでは個性的な浴衣が多数販売されています。

http://www.gofukuyasan.com/yukata/

 

こちらでは浴衣の作成方法が紹介されています。

http://yousai.net/nui/jinbei/index.htm

 

 

 

 


Posted on

”洒落着として楽しむ織り機もの”

「紬を着こなしてこそ着物好き」と言われるように、紬は着る人の個性を良く表現するお洒落な着物です。

■紬は先染めの着物の代表

紬は普通、糸の状態で染めてから反物に織る「先染め」の着物です。つまり、紬の模様は訪問着や小紋のように白生地に模様を染めたものではなく、色糸で織られた織柄です。しかし、なかには紬糸を染めずに反物に織ってから模様をそめた「後染め」の紬もあります。また最近は、織り柄の紬でも絵羽模様のものが制作されています。
かつて紬の多くは養蚕農家が商品かできない繭糸を使って織ったことから、長い間普段着とされてきました。しかし現在はその伝統技術が高く評価され、後染めの紬や訪問着携帯の先染め紬も生産されるようになって紬は普段着から洒落着、さらに社交着という広がりのある着物になりました。

■紬のいろいろ

全国各地で生産される紬は、普通、産地の名を付けて呼ばれます。紬糸とは真綿を紡いで糸にしたもので、結城紬をはじめ、多くの紬がこの紬糸を使います。しかし、なかには大島紬や黄八丈のように絹糸で織られていても、先染めなので紬と呼ばれる事もあります。
手紡ぎ糸を植物染料で染め、手機で織った紡ぎは高級な洒落着や贅沢な普段着に。機械で紡いで織った紡ぎはカジュアルな普段着によいでしょう。

■紬のコーディネート

帯は染めの名古屋帯か金銀の入らない織りの袋名古屋帯を合わせます。染め帯を合わせると柔らかな雰囲気になります。紬帯や博多帯の袋名古屋帯はカジュアルになります。ときには帯を変えてお洒落を楽しみましょう。
帯揚げや帯締めは、帯の反対色や全体を引き締める色を選びます。半衿と足袋は白が一般的ですが、時に色ものや柄もので個性的な装いをすることもあります。

 

久米島の伝統工芸品「久米島紬」を織り続ける島の女性を紹介
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=oZmTyZo0nuU&w=420&h=315]

 

紬のWikipediaページ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

 

 

 

 

 


小紋

Posted on

”洒落着として楽しむ型染めの着物”

着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけに着物を着たいという人にとって、小紋はとても便利なものです。

 

■小紋はワンピースのようなもの

繰り返し模様の型染めの着物を小紋といい、洋服でいえばシルクのプリント柄ワンピースのような存在。訪問着や付け下げを着ていくほどではないけれど、ちょっとお洒落をしたいときに重宝する着物です。例えば、観劇、クラス会、休日の外出、月釜の茶会、軽いパーティーなど、小紋を着て出かける機会は沢山あります。

 

■いろいろな技法の小紋

小紋は縮緬や綸子、ときに紬地に染められます。小紋といえば、まず華やかな京友禅の小紋を想像するかもしれませんが、他にも江戸小紋や加賀小紋、紅型、藍型、更紗型、ろうけつ染め、絞り染めなど、それぞれ特徴のある技法で染められた小紋があります。この中で裃柄の江戸小紋や加賀小紋は、一つ紋を付ければほかの小紋よりずっと格が上がり、一つ紋付き色無地に準じる着物になります。

 

■小紋の着こなし

小紋は帯や小紋のコーディネートでさまざまな着こなしが楽しめます。伝統的な組み合わせでは「染めの着物に織りの帯」といわれていましたが、最近は小紋に染め帯で季節感を出して、柔らかく装うことも多くなりました。
軽いパーティーやお正月の挨拶回りなどには袋帯や伝統文様の織り名古屋帯を合わせると改まった雰囲気になりますし、観劇や食事会などおしゃれに着こなしたいときは染め名古屋帯を合わせてみましょう。普段用の小紋なら紬の袋名古屋帯を合わせるとカジュアルな雰囲気になります。
帯揚げや帯締めの色は、帯に合わせて選びますが、外出用には淡い色を。カジュアルに着るなら濃い目の色を用いたり、また、春先には明るい色、秋冬には濃い目の色で季節感を表現したりします。
その他の小物も、小紋の雰囲気やTPOに合わせて選び、お洒落を楽しみましょう。

 

 

 


黒喪服・色喪服

Posted on

”黒無地は喪の第一礼装、地味な色無地は略礼装に”

一生のうちに何度か着ることになる喪服。急に必要になるものですから、いざという時にあわてないよう用意しておきましょう。

■喪の装いは、着物と帯の色で格が決まる

葬儀や告別式の喪主、家族、参列者は黒喪服に黒喪帯という装いで悲しみの第一礼装とします。法事や偲ぶ会では、喪にふさわしい色無地や江戸小紋を喪の略礼装として着ますが、これを色喪服といいます。
喪服の格は、着物だけでなく帯の色の組み合わせで決まります。黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯、の順に略式になります。地方によって違いますが、親族は三回忌まで黒喪服を着、その以降は色喪服を着ることが多いようです。

■黒喪服と黒喪帯

袷の黒喪服は縮緬か羽二重が一般的です。これに黒留袖同様、染め抜き日向五つ紋を付けて、物第一礼装とします。
黒喪帯は繻子や緞子、綸子地などの名古屋帯か袋帯で、地紋は菊や唐草、梵字、家紋などが一般的です。また、一本の帯の表裏を冬用と夏用に仕立てた京袋帯もあります。

■色喪服と色喪帯

色喪服には、茶、灰、藍、紫、臙脂など地味な色を用います。生地は光沢のある綸子や羽二重を避け、縮緬など光沢のないものを選びます。色無地の場合は地紋のない一越縮緬や古代縮緬が無難ですが、地紋がある紋意匠縮緬の場合は吉祥文様を避け、流水や雲、網代などの文様を選びます。江戸小紋なら極型の鮫小紋や霰などの文様を。
色喪帯は色喪服同様、地味な色の袋帯や織り名古屋帯のほか、染め名古屋帯もあります。地紋や染め文様には、経文や蓮の花などが配されています。

■喪の小物

喪が薄くなると、小物も黒ではなく地味な色を選びます。半衿と長襦袢、足袋は白です。白い長襦袢を慶事用にも使いたいときは、流水や雲などの地紋を選んでおきましょう。


色無地

Posted on

”無地染めの着物。紋を付けて準礼服に”

 

色無地は多彩な模様染とは違い、用途によって着分けることができる利用範囲の広い一色着物です。

 

■色無地の格式

人生の節目となる大切な次期にまとわれてきたのが無地染めの着物、色無地です。例え花嫁の白無垢、還暦の紅衣装、喪服の黒無地、また、かつての女学生の卒業式には五つ紋も黒無地か色無地に袴が式服でした。
現代でも卒入学式、七五三などに付き添う母親には一つ紋の色無地が便利ですし、茶席でも一つ紋の色無地を着ることが多く、茶人にとっても色無地は欠かせない着物です。

 

■生地、地紋、地色が色無地の基本要素

色無地には、一越縮緬や古代縮緬、紬のように地紋がないものと、綸子や紋意匠のように地紋があるものが使われます。地紋がある場合は流水、雲、波や有職文様のものを用います。
当然のことですが、明るく華やかな色は慶事に、両用する場合は紫、藍、緑、ねずみ系などの色を選びましょう。

 

■色無地には紋の数と技法がことに大切

色無地に居つつ紋を付けると非常に改まった式服になり、三つ紋を付けると無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。一つ紋の色無地は一つ紋付の訪問着より略式になりますが、色無地には訪問着とはまた違った控えめな品格があります。
さらに、色無地は紋のお洒落が冴える着物です。染め抜き紋や略式の縫い紋で家紋を表現するのが一般的ですが、友禅染や華やかな刺繍の洒落紋を置くと、ことのほか映えて、品格と華やかさを備えたお洒落が楽しめます。

 

■色無地のコーディネート

一枚の着物が帯や小物で見違えるほど印象が変わるのも色無地の特徴です。五つ紋付きや三つ紋付は色留袖に準じて、一つ紋付は訪問着やあ付け下げに準じて帯や小物を合わせましょう。