付け下げ

Posted on

付け下げは訪問着を簡略化した、訪問着より気軽で小紋より格の高い染めの着物です。

■付け下げの特徴は、左右の身頃や肩から袖にかけて模様が繋がっていないことです。付け下げとは、華美な訪問着が禁止された戦時化に考案された模様付けの方法、またはその着物のことで、訪問着のように仮仕立てにして絵羽模様を描かず、反物の状態で、着たときに模様がすべて上を向くように描いた着物です。その後、大変人気が出たために、上前のおくみと前身頃の縫い目で模様がつながるように改善され、付け下げ訪問着と呼ばれる華やかな付け下げも出来ました。
このように、付け下げには洒落た絵柄がポイントの箇所だけにあるものや、華やかな模様のものもあり、人気のあるものです。着ていける場所が披露宴のお呼ばれやパーティーなど訪問着と変わらず、しかも訪問着より求めやすい価格であること、洋服のシンプルなセンスに慣れた人にも親しみやすく、茶席の侘びた空間にもよく合うことなどがあげられます。付け下げは、基本的には巻いた反物の形で呉服店の店頭に並べられていますが、着物になったときの雰囲気が分かるように仮絵羽に仕立ててある場合もあります。

■多種多様な生地と染織技法がある付け下げ

縮緬や綸子、紋意匠などに染められた付け下げのほか、結城紬や大島紬をはじめ、作家ものの草木染め紬などにも付け下げ柄が見られます。織りの着物の付け下げ柄は、着物ファンの洒落着として、観劇や会合などに着られています。そのほか、絞り染めや刺繍を施した付け下げもあり、技法や文様の種類が驚くほど豊富です。
付け下げは準礼装の中でもややくだけた着物ですから紋はなくてもよく、つけるなら染め抜きの陰紋か縫いの一つ紋がよいでしょう。

■付け下げのコーディネート

帯は、付け下げ模様の軽重や着ていく場所によって袋帯か織り名古屋帯を選びます。また、控えめな柄の付け下げには染め名古屋帯も似合います。
帯揚げや帯締めは、改まったときに着るなら金銀が少し入ったものを。さり気なく着るなら金銀の入らないものを選びましょう。


訪問着

Posted on

”未婚・既婚を問わず着られる絵羽模様の社交着”

 

訪問着は色留袖の次にフォーマルで、おしゃれの要素を併せ持った準礼装の着物です。

 

■訪問着はビジティングドレス

英語のビジティングドレスと同格の着物として明治時代に「訪問着」と名づけられたのが訪問着です。公式な訪問用、社交着でしたから、昔は三つ紋をつけました。
現在では、さらに略式にして一つ紋を付けたり、紋を省略して仕立て、披露宴やパーティー、見合いや結納、茶会などに、未婚・既婚を問わず着られる着物です。

 

■訪問着の生地と文様

縮緬、綸子、緞子、羽二重、紋意匠、紬、絽、紗などの生地に、絵羽模様で肩、袖、裾、または全体に文様を置いたものなどさまざまです。
絵羽模様をつけるには、まず白生地を袖丈、身丈に裁ち、着物の形にざっと仮仕立てをします。仮仕立てをした白生地に下絵の模様を描き、ほどいて再び一枚の布に粗く塗ってから、友禅染やろうけつ染めなどで下絵のとおり染めます。伝統的な古典模様をはじめ、抽象的な現代柄まで多種多様。染色作家の個性を生かして描かれた作家ものの訪問着も多く見られます。
裾回しは表地と同じ生地にし、表の文様に関連した絵柄を染める場合もあります。

 

■訪問着のコーディネート

訪問着にあわせる帯は留袖同様、袋帯を用います。クラシックな着物には古典模様の帯を。現代調の着物には、着物の邪魔をしない帯を選ぶといいでしょう。
訪問着は当初、下着を合わせて着た着物なので、比翼仕立てにするか伊達衿を合わせて着ますが、訪問着の文様や着る人の好みで伊達衿をあわせずに着ることもあります。
袖口や振りから見える長襦袢は以外に目立ちます。白地や薄い色の訪問着は長襦袢の色が映らないように、着物より薄い色の長襦袢を合わせます。一般的には薄いピンクや水色、藤色などの綸子のぼかしか無地が無難でしょう。
帯揚げはぼかしや絞り、箔置きの淡い色の上品なもの。帯締めも薄色に金糸などを使った平組のものがよく合います。

 

 

 

 


振袖

Posted on

”未婚女性の第一礼装。ときには社交着としても着用”

華麗な模様でも袖丈の長い振袖は、未婚女性の第一礼装。袖丈が長いほど格調が高く、改まった感じになります。

■振袖は若さの象徴

振袖をはじめ現代の着物の原型は、室町時代の小袖といわれ、振袖という名称が生まれたのは江戸初期でした。当時の振袖は子供と18歳までの未婚女性が着るもので、振りのある(袖つけから袖下までが開いている)長い袖は若さの象徴でした。今も長い袖が持つ意味は変わりませんが、時に若い既婚女性も振袖を楽しむ時代になりました。

第一礼装であれば五つ紋をつけるのが本来ですが、現代では三つ紋、一つ紋の略式でも、無紋でも晴れ着として差し支えありません。

■袖の長さと振袖の種類

振袖の袖丈は、大振袖125センチ、振袖114センチ、中振袖87~106センチ、小振袖76~86センチが目安です。大振袖は花嫁衣裳に、振袖は花染めのお色直しや成人式、謝恩会、披露宴に。中振袖や小振袖は初釜やパーティー、十三参りの少女用に最適です。

■振袖の生地や文様

振袖の生地は縮緬のほか、綸子、緞子など光沢のあるものや、地紋に吉祥文様を織り出した紋意匠も多く見られます。
振袖の染織技法や文様はじつに多種多様。友禅染をはじめとして、絞り染め、型染め、刺繍、箔置きなどの技法で、華やかな古典模様や、ときにはモダンな文様も表現されています。模様のつけ方は、仮仕立てをして模様付けする本来の華麗な絵羽模様のものと、反物のまま模様付けした飛び柄のような比較的シンプルなものがあります。どちらも仮絵羽仕立てで売られています。

■帯や小物は、はっきりとした色で

帯は変わり結びができるように、全通や六通の錦織または唐織の袋帯を選びます。
伊達衿、帯揚げ、帯締めは振袖の色に合わせて、赤、黄、緑などはっきりとした色から選び、帯揚げは総絞り、帯締めは幅広の平組や丸組の金糸入り。バッグはお嬢さんらしい華やかな色と形のものを。
既婚女性が着るなら、色留袖や訪問着に近い帯び合わせをするといいでしょう。


色留袖

Posted on

“未婚女性も着る第一礼服。紋の数で準礼服にもなります”

 

五つ紋付き色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼服です。

 

■色留袖と紋の数

日本の礼装・準礼装は、紋の数や種類によって基本的な格式があります。黒留袖は染め抜き日向五つ紋と決まっていますが、色留袖は五つ紋のほか、三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。
紋の種類は、その数に関わらず染め抜き日向紋が一般的ですが、好みにより加賀紋や刺繍紋などの洒落紋を付けることもあります。

 

■応用範囲の広い色留袖

結婚式では慣例的に新郎新婦の母親や仲人夫人は黒留袖を着ますが、親族の女性は色留袖を着ることもあります。特に新郎新婦の姉妹で20、30代の方や、祖母やおばにあたる人の色留袖を着用したりします。主賓や来賓の女性の場合は、色留袖がもっとも礼を尽くした装いとなります。
色留袖は三つ紋や一つ紋付きにすると準礼装となり、結婚披露宴だけの出席、格式ある茶会やパーティーなど装う場所が広がります。特別な場合になりますが、宮中行事では黒を避ける戦前の規定がなくなったものの、黒を避けて色留袖を着る人が多いようです。勲章式には染め抜き日向五つ紋を園遊会なら三つ紋や一つ紋でよいでしょう。

 

■色留袖の仕立てと文様

五つ紋を着けるなら黒留袖同様、比翼仕立てにします。三つ紋や一つ紋の場合は比翼を付けずに仕立て、白や着物と同系色の伊達衿を持ちいてお洒落を楽しむ人が多くなりました。
色留袖の文様は、黒留袖と同様の格式ある文様だけでなく、格式よりも優美さや華やかさにポイントを置いた訪問着のような文様も多く見られます。色留袖は着用範囲の広い着物ですが、色留袖を着る場のうちで、自分がもっとも着る機会の多い場所を想定して模様を選び、紋の数を決めましょう。

 

■コーディネートは大別すると2種類

五つ紋付き色留袖のコーディネートは黒留袖に準じます。三つ紋付きや一つ紋付なら、伊達衿、帯揚げ、帯締めに白のほか上品な淡色を使い、草履は台が高く鼻緒と台が同色の金や白、淡色のエナメルなどをあわせます。

 

 

 

 


黒留袖とは

Posted on

”既婚女性の第一礼装、五つ紋付の黒地裾模様”

 

黒留袖は祝儀のためのフォーマルな着物。黒地の着物の背中心、両胸、両外袖の5箇所に日向文を染め抜き、裾に模様を描いた着物です。

 

■留袖は袖を切った大人の着物

女性が18歳になったとき、または結婚したとき、それまで着ていた振袖の長い袖を切手短くしました。この風習を「留袖」といいます。このように留袖は大人の女性がごく普通に着る着物を指しましたが、19世紀はじめ頃に黒地染め抜き日向五つ紋の江戸褄を既婚女性の式服とする習慣が民間に広がり、以来、この着物を黒留袖と言い習わしています。
現代では、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。

 

■黒留袖の生地と仕立て

黒留袖の生地は主に一越縮緬が用いられ、共八掛がついています。本来は白羽二重の着物を重ねてきましたが、近年は着やすくするため衿や袖口、振り、おくみを2枚が差ねたようにしたて比翼仕立てにします。

 

■黒留袖の文様

黒留袖の文様は裾だけにありますが、縫い目で模様が途切れない絵羽模様になっています。この模様は染めや箔、刺繍を用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様など。品格ある文様の中から着る人の年代や個性によって、華やかさ、優雅さ、重厚さをポイントにして選びます。色使いが地味で文様が小さめ、位置が低いものほど年配向きになります。

 

■金銀白の帯や小物と一緒に

着物と帯は、洋服とベルトの関係とは違って、着物姿にとって非常に大切なものです。大切な日の礼装は、特に帯を重視したいもの。金地、白地、錦織や唐織の袋帯で、文様は黒留袖との調和を考えて選びます。帯揚げや帯締めの色は白または白金銀で統一し、半衿と長襦袢は必ず白を用います。バッグと草履は錦などの布製のものが一般的です。
着物の礼装で忘れてはならないのが末広、扇子です。黒留袖には黒骨で金銀地紙の末広を持ちます。