博多織

Posted on

博多織は大陸からの渡来人の手で独特の浮き織りの技術が伝えられ、その技術をもとに江戸幕府ができる直前に始められ、昭和51年6月には西陣織より三ヶ月遅れて伝統的工芸品に指定されています。

様式化した華皿と独鈷(密教の法具のひとつ)の連続模様に縦縞を配した柄は、江戸幕府ができて以来、福岡藩黒田氏が献上し続けた帯柄で、博多献上と呼ばれています。ほかに、無地感覚のものや花柄のものなど、現代的な博多織も見られます。

締めたとき、キュッと絹鳴りのする博多帯は、径糸を細く密に緯糸を太くして強く打ち込んだ、張りのある地厚の織物です。締めやすく、くずれない帯、着る人をしゃっきりとみせる帯として、江戸時代から定評があります。

浴衣用の帯としては半幅帯がおなじみですが、袋帯は酒脱な柄の江戸小紋などに、袋名古屋帯は小紋や紬などに。絽や紗の博多献上は、上布や縮に合わせて締めたい帯です。

博多織をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E7%B9%94

博多織工業組合
http://hakataori.or.jp/

博多織イメージ 1-thumb