半幅帯・細帯

Posted on

もともときものを着るために腰に巻いた紐だった帯は、時代ともに帯幅が広くなり、次第に装飾的な要素が強くなって今に至ります。現代は、お太鼓の幅が八寸になるように仕立てた帯が主流ですが、他にいろいろな幅の帯があります。

■半幅帯
半幅帯といえば、浴衣に締める帯を思い浮かべる人も多い事でしょう。
お太鼓用の帯幅は八寸ですが、この幅を半分にした帯が半幅帯。長さはいろいろですが、約八尺五寸(3メートル22センチ)が標準です。
半幅帯の中にも、後述する細帯同様、訪問着や付け下げに合わせたい豪華な帯もありますが、多くは普段着や浴衣の帯として愛用されています。貝の口結びや文庫結びなど、簡単な帯結びで気軽に締められるのが特徴です。
普段用の半幅帯は、博多織をはじめとする絹素材のほか、木綿や化繊。夏用には博多織のほか、木綿、麻、化繊など。
半幅帯や細帯にはリバーシブルの袷仕立ての帯が多いのも特徴です。

■細帯
パーティーなどの華やかな席に似合う、いろいろな幅の細帯があります。
素材は、錦織、唐織、組帯のような織り帯のほか、染めの細帯も。
豪華な細帯を低めに締めると、小袖に細い帯を締めていた桃山時代風の個性的な装いになります。

半幅帯をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E5%B9%85%E5%B8%AF

動画でわかる!【帯結び】半幅帯でも豪華に見える結び方
http://matome.naver.jp/odai/2133420449850558101

b0174155_13283942