黄八丈 東京

Posted on

黄八丈といれば黄色い格子柄の着物を思い浮かべますが、伊豆諸島の八丈島で織られる絹織物の総称でもあります。

その柄は格子柄や縦縞のほか、ときに無地や染め分けもあり、八丈絹とも呼ばれます。色は黄色の他、樺色と黒。樺色は鳶八丈、黒は黒八丈と呼びわけたりします。

黄八丈の歴史は古く、黄紬の名で鎌倉幕府の北条市に江戸幕府には八丈絹の名で献上されて、大奥女中の着物にも愛用されました。やがて粋な町人がこの着物を愛用し始めます。男性だけでなく、娘たちは黄八丈の振袖を、妻たちは鳶八丈に黒じゅすの衿をかけて着るのが憧れでした。

黄八丈の命は、なんと行っても糸染めです。鮮やかな黄色は刈安、樺色はまだみの樹皮、黒は椎の木の樹皮で糸を染めます。島に自生する植物を使って、八丈島の自然を色にします。なお、紬糸のものはわずかで、ほとんどが生糸を用いた平織り紬です。

 

黄八丈をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%85%AB%E4%B8%88

「黄八丈」手織教室
http://www.8jyo.jp/towninfo/production/kihachi/5007.html

 

kihachi2

 

img353