木綿

Posted on

木綿

世界的に見ると、木綿は5、6000年の歴史がありますが、日本では綿花を栽培し、木綿布を織り始めたのは500年ほど前からです。江戸時代になると、松坂(三重県)、三河(愛知県)、真岡(栃木県)、河内(大阪府)、博多や小倉(福岡県)などが木綿の産地になり、朝に変わって浴衣や普段着の素材として用いられるようになりました。やがて江戸後期になると、それまでの縞や格子柄のほかに絣柄が織られるようになって、庶民の衣生活がいっそう豊かになりました。

絣とは、先染めの模様表現の一つ。糸の一部を地色に染まらないように括ったり、織り上げる模様のことです。現在は紬にも盛んに織り出されていますが、始めは木綿の模様として発達したので、絣柄を得意とする産地の木綿は「○○絣」という名で呼ばれています。

一時は絹織ものに押されて顧みられなかった木綿織物ですが、最近は肌に添う風合いと素朴な色柄が、着る人や見る人を和ませるきものとして愛好者が増えています。