帯にも織りと染め

Posted on

帯はきもの姿の印象を決める大切なものです。

一枚のきものが帯を替えることで、きものの雰囲気ががらりと変わります。かつて、「帯上」という表現がありました。帯はきもの以上によいものを締めなさい、帯をおろそかにしてはいけませんよ、というお洒落の心得をいった言葉でした。
さて、きものに染めと織りがあるように、帯にも染めと織りがあります。一般的に、きものの場合は、染めは礼装や準礼装、織りは洒落着や普段着ですが、帯は逆になります。織り帯が礼装や準礼装、染め帯がお洒落用です。例外はありますが、これが大原則。
また、フォーマル用とカジュアル用では、仕立て方も違います。

gosen_romasioze05

■織り帯
織りの帯といっても、紬の帯はフォーマル用ではありません。錦織、綴織、唐織など、絹の金銀白糸や色糸で、正倉院文様や有職文様、名物裂文様といった格調高い文様を織り出した、二十太鼓に結べる袋帯がフォーマル用です。カジュアルな織り帯には紬やすくい織りの名古屋帯などがあります。これらの帯は、小紋や紬のきものに合わせて締めます。

■染め帯
白生地に地色や模様を染めた帯を染め帯といい、おもに紬や絣、小紋のきものに合わせる洒落帯になります。
袷の季節には塩瀬地や縮緬地の染め帯、単衣や薄物の季節には、紗や絽、生紬などの染め帯があります。
また、染め帯にも染のきものと同じ様に手描きと型染めのものがあり、絞りや刺繍を併用した染め帯もあります。
染め帯は普通、名古屋帯に仕立てますが、まれに袋帯に仕立てる格調高い柄付けのものもあり、礼装や準礼装に用いられます。