松坂木綿 三重

Posted on

松坂木綿の名が全国的に有名になったのは、江戸初期の元禄年間。以来、この縞木綿は「松坂嶋」と呼ばれ、江戸庶民に愛用されました。当時、国産の縞といえば横縞が多かった中で、きりっとした藍の直線的な縦縞は、非常に新鮮に映った事でしょう。

明治以降、機械織りにおされてすたれてしまった手織りに松坂木綿を復興させようと、昭和55年からこの縞柄に魅せられた松坂の人達が、さまざまな活動を始めました。国の無形民族文化財に指定され、松坂木綿振興会の手織りセンターが開設される中で、江戸末期の縞帳にある縞を復元したり、糸や染めに工夫を凝らしたりして、手織り松坂木綿は息を吹き返しています。

 

三重の松坂木綿専門店
http://ec.yoitokose.jp/shop_index.php?shop_id=8

images

18945157