帯の種類などなど

Posted on

袋帯は、おもにフォーマル用の帯で、帯結びを二重太鼓や変わり結びにして用います。最近は色柄のバリエーションが増え、留袖、振袖、訪問着はもちろん、柄ゆきによっては付け下げや小紋にも締められます。

■丸帯から袋帯へ
礼装用のもっとも格の高い帯として、戦前までは丸帯を用いました。丸帯とは、普通の帯幅の倍に織ったものを二つ折りにして帯芯を入れて仕立てた帯で、表と裏に同じ文様がある豪華な帯です。しかし現在では、花嫁衣装や舞妓さんの衣装に使われる程度になりました。
豪華ですが重くて締めにくい丸帯の代わりに、明治時代に作られたのが袋帯です。柄は表のみで裏は無地、当初は袋状に織って帯芯を入れて仕上げられていました(本袋)。それで袋帯という名になったのですが、最近は、表と裏を別々に織ってかがり合わせて作る様になりました。

■袋帯の形や素材
袋帯は表だけに文様があり、裏は無地か地模様だけで、店頭では袋状にかがり合わせた形で見られます。これに帯芯を入れて仕立て(仕立て上がりの袋帯もあります)。幅は約八寸二分(約三一センチ)、長さは約一丈一尺(約四メートル二〇センチ)以上あります。素材は錦織、唐織、綴織は多く、稀にビロードや繻珍も見られます。ここまでが織りの袋帯ですが、染の袋帯を注文で作る人もいます。

丸帯をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B8%AF

Exif_JPEG_PICTURE