先染め・後染め

Posted on

先染めとはいとを染めてから布に織ること。後染めとは布に塗ってから、手描きしたり、型染めしたりすることです。紬といえば普通は先染めの織物ですが、最近は紬地の風合いを愛する人が多く、後染めの紬も多く見られるようになりました。

後染め紬は、紬糸を染めずに白生地に織ってから色無地に染めたり、模様付けをして小紋や付け下げ、訪問着にします後染めの紬の色無地や江戸小紋、付け下げ、訪問着は紋を付ければ縮緬や綸子地のそれと同じように準礼服の着物になります。

先染めの紬は、表も裏も同じ色柄ですから表が汚れたり傷んだりしたら、裏返して仕立て直すことも出来ます。紬は先染めでも後染めでも染料がよく浸透するので、縮緬のように色抜きが綺麗に出来ない場合があります。しかし、こっくりとした深みのある色は紬ならではといえるでしょう。

 

紬の染めについて
http://homepage2.nifty.com/yamazen-kobayashi/tumugi.html

1271231323