芭蕉布(沖縄)

Posted on

芭蕉布は、バナナと同種の植物、糸芭蕉の茎の繊維を取り出し、機にかけて織り上げる古代布の一つ。繊維は麻より張りがあり、袖から身八つ口に風が吹き抜ける涼しさを味わえるきものです。

数多い沖縄の繊維の中でも、もっとも古くからある織物で、十三世紀頃にはすでに織られていて、十七世紀になると沖縄のひとたちの暮らしに欠かせない布になりました。かつては屋敷内に芭蕉を植え、糸を紡ぎ、機を織る光景がどこでも見られたとか。現在も織り手たちが自ら糸芭蕉を育て、三年後に刈り取って、糸にしています。

糸染めに用いるのは琉球藍とテーチギ(車輪梅)だけで、糸芭蕉の淡い茶色に、染料の藍色と茶褐色の絣や縞柄が映えて素朴な味わいのきものです。

戦後、壊滅的な状態だった芭蕉布を沖縄本島の大宣味村喜如嘉で平良敏子さんが復興させ、重要無形文化財保持者に指定されました。

芭蕉布をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%AD%E8%95%89%E5%B8%83

芭蕉布秘話
http://www.k4.dion.ne.jp/~nobk/okym/basyoufu.htm

bashofu.jp
http://bashofu.jp/

kimono2010-6-3up2b