小紋

Posted on

”洒落着として楽しむ型染めの着物”

着物の魅力に気づき、ちょっとしたお出かけに着物を着たいという人にとって、小紋はとても便利なものです。

 

■小紋はワンピースのようなもの

繰り返し模様の型染めの着物を小紋といい、洋服でいえばシルクのプリント柄ワンピースのような存在。訪問着や付け下げを着ていくほどではないけれど、ちょっとお洒落をしたいときに重宝する着物です。例えば、観劇、クラス会、休日の外出、月釜の茶会、軽いパーティーなど、小紋を着て出かける機会は沢山あります。

 

■いろいろな技法の小紋

小紋は縮緬や綸子、ときに紬地に染められます。小紋といえば、まず華やかな京友禅の小紋を想像するかもしれませんが、他にも江戸小紋や加賀小紋、紅型、藍型、更紗型、ろうけつ染め、絞り染めなど、それぞれ特徴のある技法で染められた小紋があります。この中で裃柄の江戸小紋や加賀小紋は、一つ紋を付ければほかの小紋よりずっと格が上がり、一つ紋付き色無地に準じる着物になります。

 

■小紋の着こなし

小紋は帯や小紋のコーディネートでさまざまな着こなしが楽しめます。伝統的な組み合わせでは「染めの着物に織りの帯」といわれていましたが、最近は小紋に染め帯で季節感を出して、柔らかく装うことも多くなりました。
軽いパーティーやお正月の挨拶回りなどには袋帯や伝統文様の織り名古屋帯を合わせると改まった雰囲気になりますし、観劇や食事会などおしゃれに着こなしたいときは染め名古屋帯を合わせてみましょう。普段用の小紋なら紬の袋名古屋帯を合わせるとカジュアルな雰囲気になります。
帯揚げや帯締めの色は、帯に合わせて選びますが、外出用には淡い色を。カジュアルに着るなら濃い目の色を用いたり、また、春先には明るい色、秋冬には濃い目の色で季節感を表現したりします。
その他の小物も、小紋の雰囲気やTPOに合わせて選び、お洒落を楽しみましょう。