Posted on

もっとも暑い時期、盛夏(7、8月)に締めるのが紗の帯です。

紗織りは緯糸が一本通るごとに、二本一組の径糸が機の足踏みの操作で捩られてすき間を作り出す、搦み織りです。こうして織られた紗は布一面にすき間があり、涼しげな織りになります。なお、絽織りはこの紗から派生しました。

紗の織り模様は紋織りで表されることが多く、緯糸を端から端まで渡し、柄部分だけが表面に現れるようにした絵緯か、模様の部分にだけ緯糸を織った縫い取りで織り出します。
紗は、中国では7世紀頃から発達し、日本にも奈良時代に伝わり、平安時代になると、貴族たちは京の暑さをしのぐ貴重な素材の一つとして、紗を愛用しました。

紗の帯は、袋帯と名古屋帯が織られています。袋帯は模様のボリュームや金銀糸の入り方によって、盛夏の礼装に締めます。名古屋帯は、絽や紗の付け下げや小紋、夏大島などに合わせます。

紗をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%97

着物、季節早見表
http://www.kimono-h.com/hayami.html

1LO-D0004-3a

 

 

 

 

 


Posted on

全国各地にある紬の産地では、きものだけでなく帯も織られています。とくに、置賜紬、結城紬、信州紬、郡上紬などやや厚手の紬の産地は帯作りが得意。また、手紡ぎの糸を植物染料で染め、手織りする紬作家たちも帯を手がけています。

結城紬をはじめ高級な紬帯は手紡ぎ糸を用いますが、ざっくりとした野趣のある紬帯を作るためには糸を太く紡ぎ、くず繭を混ぜてわざと節を作り出すこともあります。

紬の帯は、普通、袋名古屋帯に織られていて、お太鼓の部分を引き返してかがり、て先を20センチほどかがっただけの松葉仕立てにします。帯芯をいれずに仕立てるので、軽くて締めやすいのが特徴です。

紬帯には、織り帯だけでなく染め帯もあります。紬の織り帯より紬の染め帯のほうが趣味性が高いといわれますが、染めだからといって後染めの紬のきもののように、セミフォーマルにはなりません。どちらにしてもあくまで気軽に締める帯です。

紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

IMG_0710


帯の種類などなど

Posted on

袋帯は、おもにフォーマル用の帯で、帯結びを二重太鼓や変わり結びにして用います。最近は色柄のバリエーションが増え、留袖、振袖、訪問着はもちろん、柄ゆきによっては付け下げや小紋にも締められます。

■丸帯から袋帯へ
礼装用のもっとも格の高い帯として、戦前までは丸帯を用いました。丸帯とは、普通の帯幅の倍に織ったものを二つ折りにして帯芯を入れて仕立てた帯で、表と裏に同じ文様がある豪華な帯です。しかし現在では、花嫁衣装や舞妓さんの衣装に使われる程度になりました。
豪華ですが重くて締めにくい丸帯の代わりに、明治時代に作られたのが袋帯です。柄は表のみで裏は無地、当初は袋状に織って帯芯を入れて仕上げられていました(本袋)。それで袋帯という名になったのですが、最近は、表と裏を別々に織ってかがり合わせて作る様になりました。

■袋帯の形や素材
袋帯は表だけに文様があり、裏は無地か地模様だけで、店頭では袋状にかがり合わせた形で見られます。これに帯芯を入れて仕立て(仕立て上がりの袋帯もあります)。幅は約八寸二分(約三一センチ)、長さは約一丈一尺(約四メートル二〇センチ)以上あります。素材は錦織、唐織、綴織は多く、稀にビロードや繻珍も見られます。ここまでが織りの袋帯ですが、染の袋帯を注文で作る人もいます。

丸帯をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B8%AF

Exif_JPEG_PICTURE