備後絣(広島)

Posted on

備後絣は、広島県福山市や芦品群一体で産する木綿絣です。

江戸末期に井桁絣を織り出して商品化し、明治半ばには機械括り(絣糸を機械で作る方法)が考案され、昭和初期に動力機を導入するなど、各時代の先端技術で織り続けられてきました。

昭和三十年代には、日本最大の絣生産地でしたが、その後、生産高が減りました。とはいえ、素朴な模様と手頃な価格が魅力の藍絣です。

備後絣をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%99%E5%BE%8C%E7%B5%A3

備後絣のページ
http://www.kasuri.or.jp/

s2359_1

 


弓浜絣・倉吉絣(鳥取)

Posted on

弓ケ浜は米子市や境港市一体を指す地名、広瀬は弓ケ浜から南へ約300キロのところにある古い城下町。この二つの地が山陰の絵絣の中心地です。弓ケ浜絣は浜絣とも呼ばれ、その技術が広瀬絣へ、そして倉吉絣や出雲絣に伝わりました。なかでも弓浜絣と広瀬絣は幕末から明治にかけて人気のあった絣です。

弓浜絣はもともと自家用あるいは副業として織られていた絣で、にじんだ様な絣足が特徴です。絣足を気にするより自分なりのデザインに精魂を尽くしたというような楽しい絣柄がたくさんあります。

一方、広瀬絣は『広瀬の大柄、備後の中柄、久留米の小柄」といわれるように大きな絣柄が特徴で、一時は久留米絣をしのぐほどの生産量がありました。

織り上げられた絣柄は、絣足と呼ばれるずれがすくなく、幾何学模様と絵絣が一幅に織られたものが多く、風雅な雰囲気を持った藍絣です。また広瀬絣だけが絣を作るときに種糸(絣糸を作るときに基準として用いる糸)を作らず、型紙を作って緯糸に墨付けをします。

 

弓浜絣をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E6%B5%9C%E7%B5%A3

鳥取県弓浜絣協同組合 事務局
http://www.y-gasuri.jp/

3788