黄八丈 東京

Posted on

黄八丈といれば黄色い格子柄の着物を思い浮かべますが、伊豆諸島の八丈島で織られる絹織物の総称でもあります。

その柄は格子柄や縦縞のほか、ときに無地や染め分けもあり、八丈絹とも呼ばれます。色は黄色の他、樺色と黒。樺色は鳶八丈、黒は黒八丈と呼びわけたりします。

黄八丈の歴史は古く、黄紬の名で鎌倉幕府の北条市に江戸幕府には八丈絹の名で献上されて、大奥女中の着物にも愛用されました。やがて粋な町人がこの着物を愛用し始めます。男性だけでなく、娘たちは黄八丈の振袖を、妻たちは鳶八丈に黒じゅすの衿をかけて着るのが憧れでした。

黄八丈の命は、なんと行っても糸染めです。鮮やかな黄色は刈安、樺色はまだみの樹皮、黒は椎の木の樹皮で糸を染めます。島に自生する植物を使って、八丈島の自然を色にします。なお、紬糸のものはわずかで、ほとんどが生糸を用いた平織り紬です。

 

黄八丈をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%85%AB%E4%B8%88

「黄八丈」手織教室
http://www.8jyo.jp/towninfo/production/kihachi/5007.html

 

kihachi2

 

img353

 

 

 

 

 


小千谷紬 新潟

Posted on

小千谷市では伝統工芸品に指定された小千谷縮が生産されています。小千谷縮は麻ですが、その織り技や柄ゆきを生かして織られ始めたのが小千谷紬です。

この紬はもともと自家用としてのみ織られていましたが、昭和になって商品化され、40年ほど前の爆発的な紬人気で小千谷紬の名が全国的になりました。

小千谷は手紡ぎ系でよこ糸に絣を作り、模様を織り出した素朴な暖かい紬で、色や絵紬に優しい雰囲気のものが多いのも特徴です。なお、伝統的工芸品の名は小千谷紬ですが、最近は機械織りの小千谷紬を含めて越後紬と呼ばれることも多くなってきました。

 

小千谷紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%8D%83%E8%B0%B7%E7%B8%AE

12月紬展 3

 

 

 

 

 


染めと織りの種類

Posted on

着物には大きく分けると染めと織りがあります。染めとは、白生地に織り上げた後、染め加工を施したもの。織りとは、糸の状態で色を染めて織り上げたものをいいます。
こんな手法で生産される染織品は実に多種多様。全国各地でそれぞれ特徴のある染織品が生産されています。

 

■染織品の現在

経済産業大臣に「伝統的工芸品」と指定されている染織品はそめが11種、織りが32種あります。このほかにも伝統的な技術に基づいた染織品が各地で生産されています。
また、これらの地域別産業と離れたところでも、染織作家や織りの作家たちが、伝統を踏まえながら独自の技法やデザインで個性的な染織品を生み出しています。

 

■染めは都市で、織りは全国で

染めの産地は都市部に多いのですが、織りは日本全国のあらゆる地方で生産されています。
江戸時代には、各藩の産業振興政策として、農家に木綿や麻の栽培や養蚕を奨励し、以来、女性たちは機を織って家族の衣服をまかなうだけでなく、糸や布を商品化して家計を潤してきました。たとえば、養蚕地では商品価値がないくず繭から繭糸を手で紡いで自家製の晴れ着を作りました。今も各地に織りの産地があるのは、こんな伝統を受け継いでいるからです。

 

■織りのいろいろ

染めの着物といっても、その材料として白生地が必要です。白生地もまた機で織ったものですから織物になります。では、織りにはどんな種類があるのでしょう。

①主に染めの着物地になるもの:丹後縮緬、浜縮緬など
②主に織りの着物地になるもの:
紬−結城紬、大島紬など
御召−桐生御召、西陣御召など
木綿−阿波しじらなど
麻−小千谷縮、八重山上布など
その他の植物繊維−芭蕉など
③主に織りの帯地になるもの:西陣織、博多織など

本章では染めの色々な技法と、②の織りの着物地についてご説明しましょう。