花織 沖縄

Posted on

沖縄本島を中心に織られる花柄を織り出した紋織物を、沖縄では「はなうい」と呼びます。

花柄を言っても写実的な花模様ではなく、点で浮き織りにした幾何学的な花模様です。生地は綿や芭蕉布、麻、絹などを用いましたが、最近は絹織物が多くなりました。

花織は南方から伝わった技術を基礎にして本島中部の読谷山で織り始められ、その後、琉球王朝の都だった首里をはじめ、与那国島や竹富島に伝えられ、各地で独自の花織が発達しました。

代表的な2つの花織は読谷山花織と首里花織です。読谷山花織は、色糸を使って花模様を織り出し、絣柄を組み合わせたものが多く、一方、首里花織は地色と同じ色に染めた光沢のある糸で模様を浮き織りにします。

どちらも非常に手の込んで贅沢な織物だったので、王府ご用達の織物に指定され、それを着るのは王族と貴族だけでした(読谷山花織は読谷山の住人も着用を許されました)。

花織は琉球王朝では紅型の次に位置し、祝い着として用いられたので、現代でも格のある華やかなきものになります。

 

読谷山花織事業協同組合
http://www.yomitanhanaori.com/

花織そば
https://plus.google.com/105863944431186725176/about?gl=jp&hl=ja

img034