Posted on

全国各地にある紬の産地では、きものだけでなく帯も織られています。とくに、置賜紬、結城紬、信州紬、郡上紬などやや厚手の紬の産地は帯作りが得意。また、手紡ぎの糸を植物染料で染め、手織りする紬作家たちも帯を手がけています。

結城紬をはじめ高級な紬帯は手紡ぎ糸を用いますが、ざっくりとした野趣のある紬帯を作るためには糸を太く紡ぎ、くず繭を混ぜてわざと節を作り出すこともあります。

紬の帯は、普通、袋名古屋帯に織られていて、お太鼓の部分を引き返してかがり、て先を20センチほどかがっただけの松葉仕立てにします。帯芯をいれずに仕立てるので、軽くて締めやすいのが特徴です。

紬帯には、織り帯だけでなく染め帯もあります。紬の織り帯より紬の染め帯のほうが趣味性が高いといわれますが、染めだからといって後染めの紬のきもののように、セミフォーマルにはなりません。どちらにしてもあくまで気軽に締める帯です。

紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

IMG_0710


結城紬 茨城

Posted on

茨城県結城市を中心に、鬼怒川沿いの町で生産される結城紬。なかでも重要無形文化財保持者の高い技術で織られた本場結城紬は、着るほどに体にそう憧れの紬です。

 

■結城紬の今昔

結城紬の歴史は遠く奈良時代に遡ります。鎌倉時代には常陸紬と呼ばれ、その後結城市のもとで栄えたので、結城紬の名が定着しました。江戸時代に全国に名を馳せた結城紬は、もとは無地やごく細かい縞の男物の紬でした。武士に愛好され、今も男性の準礼装に用いられます。幕末には絣柄を織るようになり、次第に細かい絣が出来ました。

一幅に織り出す亀甲絣や蚊絣の数で、○○亀甲という呼び方をします。現在は240亀甲の男物の結城紬もありますが、80亀甲の絣糸を染めるのも容易なことではありません。

 

■本場結城紬の技法

本場結城紬の糸は、繭を湯で開いて真綿にし、それを手で紡ぎます。細くて長い糸を作ると、たて糸よこ糸に絣柄が出来るように糸括りをして染料に浸します。100亀甲以上の絣を織るときは、びっしりと糸括りをするので糸がなかなか染まりません。こうして染めた糸を伊座機とい伝統的な機を使って織ります。糸の伸縮性を上手に生かし、糸に無理をかけずに織ることが出来る機なので、来たときに体に添う紬が出来上がるのです。

手紡ぎ、絣括り、居座機による織りの三つの工程は重要無形文化財に指定されていますが、このほか30工程以上の手作業を経て一反の本場結城紬が織り上がります。

 

結城紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E7%B4%AC

紬に関するマニアックサイト
http://hon-yuuki.com/

つむぎの館
http://www.yukitumugi.co.jp/

 

img_7295