絞り

Posted on

華やかな絞り染めは、古代から現代まで耐えることなく続いてきた模様染めです。白く残そうとする部分を糸でくくったり、縫い諦めたり、板などで強く挟んだりして防染し、染料に浸して染めるのが、この技法の基本です。

室町時代に絞り染めの全盛期が訪れます。種類も技術も格段に進歩し、なかでも優美な辻が花染めが有名です。

そして江戸時代。京都で行われた鹿の子絞りはあまりにも華美だったため、何度も奢侈禁止令の対象になり、型染めで表現する摺りびったが流行したほどです。また、愛知県の有松では木綿の絞りが盛んになりました。伝統の絞り染めの中から、辻が花絞り、京絞り、有松絞り、そして南部絞りについてそれぞれの技法や魅力を説明しましょう。