Posted on

羅は中国から5世紀頃に伝来し、正倉院裂にも見え、奈良・平安の貴族たちの格調高い夏の衣服の素材として愛用されました。この時代の羅は、非常に高い技術で織られていましたが、応仁の乱後に衰退して、14世紀の羅は荒い織物でした。戦後、西陣の喜多川平朗氏が古代以来の羅を体系立てて復元し、昭和31年に重要無形文化財保持者の認定を受けています。
羅は搦み織りの一種で、太撚りの絹糸を用い、振綜という径糸を自在に動かせる装置を備えた機で織ります。一本の径糸が左右の径糸と捩れ、そこに緯糸を通して搦みを固定し、網目状のすき間をつくります。
袋名古屋帯が多く、6月下旬〜9月上旬を目安に締めます。正倉院御物を再現したような羅は格式が高く、絽や紗の訪問着や付け下げに合わせます。これとは別に、一般的に荒い網目状の織物を羅と呼ぶことが多いのですが、こちらは芭蕉布や上布、藍絞りなどにも合わせます。

羅をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%85

羅・紗・絽の違い 夏のコーディネイト
http://blog.goo.ne.jp/jizaiyasakurako/e/f082d9d0c29c96fef8599fa39081a712

500x490-2010051500016