Posted on

全国各地にある紬の産地では、きものだけでなく帯も織られています。とくに、置賜紬、結城紬、信州紬、郡上紬などやや厚手の紬の産地は帯作りが得意。また、手紡ぎの糸を植物染料で染め、手織りする紬作家たちも帯を手がけています。

結城紬をはじめ高級な紬帯は手紡ぎ糸を用いますが、ざっくりとした野趣のある紬帯を作るためには糸を太く紡ぎ、くず繭を混ぜてわざと節を作り出すこともあります。

紬の帯は、普通、袋名古屋帯に織られていて、お太鼓の部分を引き返してかがり、て先を20センチほどかがっただけの松葉仕立てにします。帯芯をいれずに仕立てるので、軽くて締めやすいのが特徴です。

紬帯には、織り帯だけでなく染め帯もあります。紬の織り帯より紬の染め帯のほうが趣味性が高いといわれますが、染めだからといって後染めの紬のきもののように、セミフォーマルにはなりません。どちらにしてもあくまで気軽に締める帯です。

紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

IMG_0710


郡上紬 岐阜

Posted on

郡上には平家の落人が野生の蚕から糸と紡ぎ、植物染料で織った郡上織がありました。自家用として織られていた紡ぎで、模様らしいものはなく、色々な色糸が織り混じったものでした。

郡上紬は昭和22年、この地に伝わる紬を故宗廣力三氏が地域の人々と織り始め、風格ある紬として有名になりました。郡上紬は昔通りに高機で手織りし、草木染めで糸を染めます。糸は郡上紬だけの特色であるインド原産の野生のエリ蚕の糸や玉糸を使用。この糸は絹とウールを混ぜたような味わいがあるので、ふっくらとした風合いに仕上がります。

柄は縞や格子、ぼかしのほか、斬新な配色の幾何学模様も見えます。また、帯は紬帯のほか、沖縄の浮き織りに学んだ技法で趣味性の高いものが織られています。

 

郡上紬の魅力
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284510622

郡上紬の流れをくむ、宗廣佳子さんを訪ねて
http://www.handmadejapan.com/sidestory_/sst136_01.htm

images