小千谷縮(新潟)

Posted on

しぼがあり、しゃり感があって涼しい小千谷縮は、緯糸に強く撚りをかけて織った麻縮です。

平織りの上布だけだった江戸時代に考案され、越後縮と呼ばれてたちまち有名になりました。
小千谷縮の中で、越後上布同様の手仕事によるものは重要無形文化財の指定を受けていますが、今はほとんど生産されておらず、機械紡績のラミー糸を高機や動力機で織っています。

精緻な絣柄が得意で、付け下げや絵羽模様を織り出した訪問着などもあります。

小千谷縮をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%8D%83%E8%B0%B7%E7%B8%AE

小千谷縮のあゆみ
http://www.lalanet.gr.jp/nlpc/dento/T-8.html

x-aoj1

 

 


越後上布(新潟)

Posted on

越後の小千谷、塩沢、六日町は、古くから麻織物の産地でした。現在は、紬の産地としても有名ですが。糸括り(絣括り)や織りの技法は、麻織物の技法が基本になっているといわれます。

越後上布は、一〇世紀にすでに献上布としての記録が見え、江戸時代には武士の正式礼装の裃として用いられました。

越後上布には伝統的技法による重要無形文化財の指定を受けたものと、輸入のラミー糸を使って高機で織ったものがあります。

重要無形文化財の越後上布は、苧麻の産地、福島県昭和村から青苧を買い入れ、苧績を行うことからはじまります。そのあと、いくつもの行程を経て居坐機で織り、織り上がった布を雪上に広げて白く晒します。この雪晒しの伝統から白地が多く、絣柄は高級な洒落着に、白無地は茶屋辻や絵羽模様を染めて、夏の装いにします。

越後上布をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E5%BE%8C%E4%B8%8A%E5%B8%83

重要無形文化財小千谷縮・越後上布技術保存同人会Facebookページ
https://www.facebook.com/ojiyachijimi

20100510231835