Posted on

全国各地にある紬の産地では、きものだけでなく帯も織られています。とくに、置賜紬、結城紬、信州紬、郡上紬などやや厚手の紬の産地は帯作りが得意。また、手紡ぎの糸を植物染料で染め、手織りする紬作家たちも帯を手がけています。

結城紬をはじめ高級な紬帯は手紡ぎ糸を用いますが、ざっくりとした野趣のある紬帯を作るためには糸を太く紡ぎ、くず繭を混ぜてわざと節を作り出すこともあります。

紬の帯は、普通、袋名古屋帯に織られていて、お太鼓の部分を引き返してかがり、て先を20センチほどかがっただけの松葉仕立てにします。帯芯をいれずに仕立てるので、軽くて締めやすいのが特徴です。

紬帯には、織り帯だけでなく染め帯もあります。紬の織り帯より紬の染め帯のほうが趣味性が高いといわれますが、染めだからといって後染めの紬のきもののように、セミフォーマルにはなりません。どちらにしてもあくまで気軽に締める帯です。

紬をWikipediaで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AC

IMG_0710